セミナー・イベント情報

経営視点から見るこれからのマーケティング

デジタル環境の高度化がもたらす消費者行動・心理の変化を理解し、適切なコミュニケーションを通じて収益増をもたらす戦略とは?

2016年12月16日

この度、下記セミナーを開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
ご多忙中とは存じますが、お繰り合わせの上、ご参加下さいますようお願い申し上げます。

開催要項
日時 2017年1月20日(金)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
会場
東京都渋谷区南平台町1-1
 ※会場名のリンクをクリックすると会場地図が開きます
費用 無料(事前登録制)
定員 20人
主催 日本システムウエア株式会社
共催 株式会社フロンテッジ、株式会社ジェネシスコミュニケーション
セミナー内容 Eコマースの普及、ソーシャルマーケティング、ロボット、AI技術の活用等、めまぐるしく外部環境が変わることで経営計画が予定通り進まなくなってきています。
今、従来からの経営戦略レベルでなく発想の転換「パラダイムチェンジ」が経営者に求められています。本セミナーでは、このような変化をマネジメントの方々に解説し、今後のコンシューマーニーズに対しどう向き合っていくべきか、最新のデジタルマーケティング手法やIoT等の先端ITソリューションを交えながら体系的にご説明します。

13:30~13:40
ごあいさつ

13:40~14:20
1部 カスタマージャーニーから考えるマーケティングサイクルにおける顧客接点の在り方
株式会社フロンテッジ ソリューション本部 デジタルマーケティンググループ

我々を取り巻く情報やサービスが驚異的なスピードでパーソナライズ化する中で、生活者の行動や感情を俯瞰的に捉え、最適なタイミングでコミュニケーションをしていくことがより重要視されてきています。
本セッションでは企業のマーケティングサイクルの中で顧客とのコミュニケーションを構築していく上で必要なカスタマージャーニーの考えかたや各タッチポイント(ソーシャル、広告、Webサイト等)の在り方についてご説明します。

14:20~15:00
2部 ライブチャットやAIがもたらす「人間化(ヒューマニゼーション)」の潮流
~消費者行動・心理の機微を捉えるデジタルマーケティングのポイント~
株式会社ジェネシスコミュニケーション マーケティング事業本部 マーケティングインテリジェンス部

生活のデジタル化が進展する一方で、複雑化・多様化した情報の中から、消費者自身で、情報収集・検討する手間や時間をもったいないと感じるようになってきています。デジタルマーケティングにおいても、自動化による効率向上と同時に、手厚いサービスによる「おもてなし」を提供することがますます重要になってきていること、さらに、デジタルマーケティングの「人間化」を推進するために、具体的にどのようなツールやテクニックを駆使すべきかを解説します。

15:00~15:10 休憩

15:10~15:50 
3部 市場成熟に伴い、EC企業ニーズがこう変化している
日本システムウエア株式会社 ITソリューション事業本部 

当社がECソリューション事業を開始して15年以上経過しました。クライアント企業からの提案依頼も様変わりしており、時代に合ったデジタルマーケティング活用による業績アップ施策が欠かせなくなっています。本パートでは、過去のRFP(提案依頼)を可能な範囲で公開し、様々な業界のEC事業に参考となるようご紹介します。

Ⅰ ECリプレース最前線
Ⅱ CRMとオムニチャネルの取り組み
Ⅲ EC運用にロボットが進出
Ⅳ インバウンドから越境ECへ(越境ECのリスク・機会)

15:50~16:30
4部 意見交換

16:30~17:00
質疑応答

お申込みが定員超過した場合は抽選とさせていただきます。参加可否については事前にメールでご連絡します。

※本セミナーにお申し込みいただいた方の個人情報は、株式会社フロンテッジ、株式会社ジェネシスコミュニケーションおよび当社が共有します。各社の個人情報の取り扱いについてご同意の上、お申し込みください。

関連リンク

株式会社フロンテッジ プライバシーポリシー
株式会社ジェネシスコミュニケーション 個人情報保護方針

お問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
ITソリューション事業本部
営業統括部 第4営業部
TEL:03-3770-0096
FAX:
TEL:
FAX:

ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、 プライバシーマークやIS 89514 / ISO 27001の認証を取得している 株式会社シャノンによる情報管理システム「Marketing Platform」で安全に管理されます。

最新情報

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。