セミナー・イベント情報

物流・倉庫業向け文書保管セミナー

~ 倉庫に求められる文書保管システム、物流現場におけるIoT活用 ~

2017年6月21日

この度、下記セミナーを開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
ご多忙中とは存じますが、お繰り合わせの上、ご参加下さいますようお願い申し上げます。

開催要項
日時 2017年7月10日(月)  14:30~17:00 (受付開始 14:00)
会場
東京都渋谷区南平台町1-1
※上記のリンクをクリックすると会場地図が開きます
費用 無料(事前登録制)
定員 20名
主催 日本システムウエア株式会社
共催
セミナー内容 企業における文書保管について、外部倉庫の利用が進み、倉庫に求められる要件も多種、細分化しています。また、IoTが様々な分野で利用検討される昨今、物流現場において、在庫管理に関わる情報管理の在り方は多様化を極めており、一言に在庫管理と言っても実に様々な要件が含まれています。
本セミナーでは、物流・倉庫会社様に求められる要件や文書保管業務へのシステム導入、IoTを活用した物流現場における活用例、文書保管業向けシステム「ORBIS-Ⅵ文書保管システム」、IoTツール「Toami]についてご紹介します。

14:30~14:40 ご挨拶

14:40~15:20 「倉庫業における文書保管業務へのシステム導入と活用について」
日本システムウエア株式会社 ロジスティクスソリューション部 本村 栄作
 
 荷主・寄託者の文書保管の課題を解決するために倉庫に求められる要件や、
 それを満たすためのシステム導入についてご紹介します。
 また、今後、倉庫に求められる新たな要件についてもご紹介し、
 将来の業務の検討に役立つ内容をお話しします。


15:20~16:00 文書保管システムのご紹介 ~WMSパッケージ「ORBIS-Ⅵ文書保管システム」~
日本システムウエア株式会社 営業統括部 第一営業部 石塚 健二
              ロジスティクスソリューション部 本村 栄作

 寄託品の正確な入出荷管理を行い、物流現場の生産性の向上と入出荷制度を改善するWMSパッケージ
 「ORBIS-Ⅵ文書保管システム」をご紹介します。


16:00~16:10 休憩


16:10~16:50 物流現場におけるIoTの活用方法
日本システムウエア株式会社 M2M/IoTビジネス部 大野 博隆

 倉庫稼働状況の見える化により新たな付加価値の提供を支援するIoTクラウド基盤「Toami(トアミ)」、
 物流現場での品質維持向上やコスト削減につながる活用例も交えお話しします。


16:50~17:00 質疑応答

関連リンク

IoTクラウドプラットフォーム「Toami」

営業倉庫向け文書保管システム「ORBIS-Ⅵ文書保管」

お問い合わせ先
ITソリューション事業本部
営業統括部 第一営業部 石塚
TEL:03-3770-0095
FAX:03-3770-0266
TEL:
FAX:

ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、 プライバシーマークやIS 89514 / ISO 27001の認証を取得している 株式会社シャノンによる情報管理システム「Marketing Platform」で安全に管理されます。

最新情報

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。