SC3-2 16:15~16:45
NTTグループが推進する医療材料IoT プラットフォーム「MD-TraC」

概要

医療材料を販売している販売代理店・特約店は、医療機関が使用する商品の在庫不足防止のため、ほぼ医療機関に常駐する形で商品の使用状況を確認しています。また製造販売業者への受発注業務を電話やメール等の手作業で行うため多くの時間を要しています。製造販売業者は手作業での預託商品の棚卸しによる作業負担や、過剰在庫の増加、滅菌期限切れによる機会損失、廃棄等による物流費用増加などの課題があり、従来の作業方法の見直しや業務効率化が求められています。働き方改革を可能とする具体的な方法の1つとして、NTTグループが推進するRFIDを使用した医療材料IoT プラットフォーム(MD-TraC)についてご説明いたします。

講演者情報

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
第二公共事業本部 ヘルスケア事業部 第一統括部 デジタルヘルスケア担当
部長
黄瀬 和彦 氏

×閉じる